【黒毛和牛のお肉屋さん・しゃぶしゃぶ・すき焼き】拘りは大事(奈良からも沢山ご来店)
17.08.01

「京都の人って何であんなに生後月齢30ヶ月に拘るんすか?」

とは、あるメーカーのバイヤー氏の最近の口癖です。

 

確かに、仲卸を専門にしている人には分りにくい感覚かも知れません。

けど、おの品質保持とか風味の強さとかやっぱり違ってくるんですよ。

とか話してみても、イマイチ腑に落ちないバイヤー氏でしたがw

 

ウチみたいな店は拘りを強く持たないと生きてけないですからねぇ。

 

きっと、京都にはそんなお店が多いんですよ。

拘りが強過ぎて一歩間違えたら変態の域の大ベテランの方も・・・w

 

因みに、ウチは厳密にいうと「生後月齢」ではなく、

肥育農家さんが手がけた期間の「肥育月数」の方が優先です。

 

まあ、生後月齢でいうと似たような処に落ち着きますが、

そういうトコロも当店代々の拘りだと思っていただけたら。

 

じゃあ、出産からの一貫肥育ならどうなんよ?って話もありますが、

そのへんは「ナイショ」という事でお願いしますw

 

昨日は月齢も肥育期間も京都好みの鹿児島黒牛の逸品を抑えました。

A5 BMS9の拘りの品です。

ここいらからソロソロお盆向けの商品になってきます。

 

明治三十年創業
和牛一筋

黒毛和牛専門店 笠庄
1F 精肉店
2F お食事処

〒619-0214 京都府木津川市木津清水50
TEL0774-72-0012(ご予約お待ちしております)

※お昼食は予約優先制とさせて頂いております。

http://nadai-kasasho.com/

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

京都・奈良観光へお越しの際は是非

笠庄の自慢の和牛をゆっくりとお楽しみ下さいませ。

奈良観光地
春日大社・大安寺・円照寺・弘仁寺・正暦寺・帯解寺・崇道天皇八島陵、子規の庭、春日山原始林、奈良奥山ドライブウエイ、吉城園、正倉院、瑜伽神社、鹿苑、氷室神社、手向山八幡宮、若草山、白毫寺、入江泰吉記念 奈良市写真美術館、新薬師寺、福智院、志賀直哉旧居、奈良公園・飛火野、奈良国立博物館
依水園・寧楽美術館、恵比須神社など

 

 

 

 

 

» ホームへ戻る

ページの先頭へもどる